トラブル時の対応

よく相続を行う時に、地主とどうしてもトラブルになってしまうケースもあるので注意しなければなりません。借地権というのは相続させることが可能となっていますが、権利を持っている人が亡くなった時、土地の返却をしてほしいとリクエストをだすことがあります。地主がリクエストをしてくる時には、基本的には応じなくても問題ありません。しかし旧法だったり、様々な理由で地主とどうしてもトラブルになってしまうこともあります。そこでトラブルを避けていくために、弁護士などのサポートが必要です

子供名義でトラブルになってしまうことがありますが、これは建物を新築する際に発生することがあります。例えば子供の世帯と同居していく時に、新築に関する資金を息子が調達していこうとした時に、地主より名義人に関するトラブルとなることがあります。人が違うならば新築は認めないというケースで、承諾しないケースとなります。

強行した時には、土地賃貸借契約書についてチェックしていきましょう。無断転貸禁止条項と記載されている書類で、債務不履行を理由にして契約解除に関して申立てを行う可能性もあります。最初に息子名義となっている、新しい土地賃貸借契約を結ぶ必要があります。地主と調整して決めていくようにしましょう。

また、借地権情報について分かりやすく掲載しているサイトもあります。弁護士に相談する時や、地主と話す前には一度チェックしてみてもいいかもしれません。

旧法との違いを見る

旧借地権と新しい借地権との違いをみていくと、現在設定されている借地権というのは2種類存在しています。旧法というのは平成4年に制定される前の法律で、新しい法律と区別していくことになります。旧借地権だと借地権を持っている人の側の立場に立って、しっかりと守っていく意味合いが強くなっています。地主側とトラブルが多発してしまうことがあり、徐々に取り引きについて少なくなっていくのを危惧して改正されました。現在も旧法における契約内容が多くなっていて、旧法と新法が混ざっている状況です。

新旧の主な違いをみていくと、平成4年8月1日以前か以降で判断されます。そして旧法で契約している内容は、たとえ更新したとしても新法に切り替わっていくことはありません。そして旧法から新法へと切り替えていくためには、契約内容を新しく取り交わしていく必要があるため、契約状況によっては不利になってしまうこともあります。

存続期間は堅固建物ならば30年以上で、非堅固建物だと20年以上になります。存続期間が定まっていなければ堅固建物だと60年、非堅固建物ならば30年になります。更新後で存続期間は変わっていきますが、これは堅固建物ならば30年以上で、非堅固建物だと20年以上になります。

数多く存在する借地権

借地権というのは他人が所有している土地を建物などを建設といった目的によって、地代を支払い借りる権利を購入します。借地権というのは賃借権や地上権、さらに永小作権や地役権などがあります。この借地権を持っている被相続人がもしも亡くなった時には、相続の対象となっていきます。しかし駐車場や資材置き場、そしてゴルフ場など土地を利用している時に借地をしていれば借地権には含まれないので注意しなければなりません。

借地権の種類は大別して5種類あるので、あらかじめ把握しておくようにしましょう。相続税や贈与税に関して、課税対象となっていきます。まず借地権というのは旧法の借地法でも存在していましたが、平成4年8月1日以降で契約が成立している時には、堅固建物や非堅固建物に関する区別が一切ありません。存続していくことができる期間は一律で30年となっており、貸主と借主がそれ以上長い期間にしている時には、その期間を採用しています

改正された借地権は、基本的に定期借地権になっています。更新することができず、期間が満了した時で借地権者が土地を更地にしていきます。そして地主に返還する制度となっています。地主は返還の時期を読めない旧法と違って、財産の管理をスムーズに行えるようになるのがメリットとなっています。他にも存続期間が50年以上となっている一般定期借地権や、建物譲渡特約付借地権などがあります。あらかじめ法律を把握しておくと、不動産関連の対応が柔軟に可能となります。