トラブル時の対応

よく相続を行う時に、地主とどうしてもトラブルになってしまうケースもあるので注意しなければなりません。借地権というのは相続させることが可能となっていますが、権利を持っている人が亡くなった時、土地の返却をしてほしいとリクエストをだすことがあります。地主がリクエストをしてくる時には、基本的には応じなくても問題ありません。しかし旧法だったり、様々な理由で地主とどうしてもトラブルになってしまうこともあります。そこでトラブルを避けていくために、弁護士などのサポートが必要です

子供名義でトラブルになってしまうことがありますが、これは建物を新築する際に発生することがあります。例えば子供の世帯と同居していく時に、新築に関する資金を息子が調達していこうとした時に、地主より名義人に関するトラブルとなることがあります。人が違うならば新築は認めないというケースで、承諾しないケースとなります。

強行した時には、土地賃貸借契約書についてチェックしていきましょう。無断転貸禁止条項と記載されている書類で、債務不履行を理由にして契約解除に関して申立てを行う可能性もあります。最初に息子名義となっている、新しい土地賃貸借契約を結ぶ必要があります。地主と調整して決めていくようにしましょう。

また、借地権情報について分かりやすく掲載しているサイトもあります。弁護士に相談する時や、地主と話す前には一度チェックしてみてもいいかもしれません。