旧法との違いを見る

旧借地権と新しい借地権との違いをみていくと、現在設定されている借地権というのは2種類存在しています。旧法というのは平成4年に制定される前の法律で、新しい法律と区別していくことになります。旧借地権だと借地権を持っている人の側の立場に立って、しっかりと守っていく意味合いが強くなっています。地主側とトラブルが多発してしまうことがあり、徐々に取り引きについて少なくなっていくのを危惧して改正されました。現在も旧法における契約内容が多くなっていて、旧法と新法が混ざっている状況です。

新旧の主な違いをみていくと、平成4年8月1日以前か以降で判断されます。そして旧法で契約している内容は、たとえ更新したとしても新法に切り替わっていくことはありません。そして旧法から新法へと切り替えていくためには、契約内容を新しく取り交わしていく必要があるため、契約状況によっては不利になってしまうこともあります。

存続期間は堅固建物ならば30年以上で、非堅固建物だと20年以上になります。存続期間が定まっていなければ堅固建物だと60年、非堅固建物ならば30年になります。更新後で存続期間は変わっていきますが、これは堅固建物ならば30年以上で、非堅固建物だと20年以上になります。